セルフカット用のケープで掃除を簡単にしたい!人気のケープは?

最近は、自分で髪の毛を切る、セルフカットをする人が増えていますね。

YouTubeでもセルフカットの方法をアップしてくれている美容師さんとか、素人だけど自分で髪の毛を切る人がこんな感じで切ってます、みたいな動画をアップしてくれています。

髪の毛の長さもいろいろです。
ロングあり、ショートあり、前髪の切り方だったり、襟足のセルフカットの方法だったり。
自分で髪の毛を切りたい。上手くセルフカットするには? のページでも、ちょっと動画を紹介しています。

でも、セルフカットをするときに気づくんです。
切った髪の毛って、どうやってまとめるの?って。
切った髪の毛を掃除するのって、実は大変なんじゃない?って。

そこで、セルフカットしている人たちが切った髪をどうやって処理しているか、調べてみたところ、「セルフカット用ケープ」があること知りました。
散髪用エプロン、散髪マントとも言うそうで。

人気なのは、こちらのケープ。
子供から大人まで使える大きめサイズで、子供に使っても嫌がらずにカットさせてもらえるようで、おすすめされている方が多いです。

送料無料というのも人気の理由ですね。

ちなみに、切った髪をまとめられるポケットがついたタイプもあるようです。

切った髪はどうやって処理、掃除する?

セルフカットするときに困るのは切った髪の処理。
切った髪というより、切っている最中に髪が飛び散ってしまって、それを掃除するというのが面倒なんですよね。

セルフカットするときの対策法はいろいろありましたが、ケープを使い始める前の人たちがやっていた人気(?)の処理、清掃の仕方はこんな感じ。

1. 新聞紙を下に敷いてからカット
 結構広めに敷くのがポイント。新聞紙は結構な幅をとって重ねるのがいい。
2. 風呂場でカット
 切った髪のほとんどは集める。短すぎて集められないものは水で流す。
3. ゴミ箱を使う
 子供の髪を切るときなら子供にゴミ箱を持たせる。

でも皆さん、結構、セルフカット後の切った髪の毛の後始末には困っているようです。

セルフカットといっても、はさみを使ったりバリカンを使ったり。
意外にどちらでも髪は散らばります。

散らばるくらいならまだ掃除もしやすいんですが、切った髪って突き刺さってとりにくいんですよね。
そこが困るところ。

時間をかけないで掃除できれば面倒ではないので、セルフカット用のケープ、おすすめです!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする