包丁の使い方を教えるのは何歳から?子供用包丁で人気なのは?

子供って、お母さんが料理しているのを見ると自分も料理したがりますよね。
特に包丁を使いたがりませんか?

私の子供は幼稚園に行っている4歳児ですが、料理に興味を持ったらしく、「にんじんを切りたい」「だいこんを切りたい」と言い始めるようになりました。

私としては、包丁の使い方を教えるのは小学校に入ってからでも遅くはないと思っているし、小学校の家庭科の授業が始まる頃までに野菜くらいは切れるようになっていればいいだろうと思っていたんですが・・・。

何歳ころから包丁の使い方を教えるのがいいんでしょうね?

子供に包丁の使い方を教えるの、何歳くらいがいいの?

ネットで調べてみたところ、何歳くらいがいい、いつからがいいという一般的な年齢はなく、早い人(お子さん)で1歳から包丁を持たせる人もいるということがわかりました。

なんと早いこと!
もちろん、おもちゃのような包丁だったり、子供用包丁を持たせているみたいですけどね。

1歳くらいだと力がないので、豆腐やバナナなどの柔らかいものだけを切らせているとありました。
小さい子供が使える幼児用包丁というものがあるようです。

いろいろ調べてみましたが、子供が興味を持ったときに包丁の使い方を教えたという人が多いようで、あまり年齢にはこだわっていないようでした。

ただ、振り回されては困るからと、聞き分けができるくらいでないとやはり包丁を持たせるのは危ないという意見も。
親が手を添えて一緒に切ろうとしても、「自分で切る!」って言って包丁引かれたら危ないですしね。

子供用の包丁、どんな包丁がいいの?

子供用の包丁っていっても、いろいろ種類があるようです。

子供用の包丁だと、刃先や根元の先が丸まっていて尖っていなかったり、刃渡りの先のほうと根元のほうに刃がついていない(切れないようになっている)ものが一般的なようですが、子供の年齢に合わせて重さ(軽さ)が違っているようです。

幼児用包丁だと、刃が波型でギザギザになっているものもあります。

手が切れにくいように、切れ味を抑えてある包丁もあれば、逆に本格的な切れ味がいい包丁もありました。

切れ味を抑えてある包丁のメリットは、指とか手とか、切り傷ができにくいこと。
でもその反面、切れにくい(切れ味が悪い)のでちょっと硬いものだと力を入れてしまって返って危ないというデメリットもあります。

切れ味がいい包丁のメリットは、硬いものでもよく切れること。
ただ、切れ味がいいので指や手を切りやすいのがデメリットですね。
利き手と反対の手は「猫の手」にして切れないように注意しながら教えるのが肝心ですね。

幼稚園、保育園くらいの年齢なら幼児用の切れ味を抑えてある包丁、小学生になれば切れ味のいい包丁がいいのではないかと思いました。

子供用包丁で人気なのは?

子供用包丁といっても、ほんと、いろいろな種類があります。

材質で言えばプラスチック、セラミック、ステンレス。
利き手で言えば右利き用と左利き用。もちろん、両手どちらでもOKという包丁もあります。

ディズニーの絵が描いてあるものもあれば、トイザラスで売っているおもちゃのような包丁もあり。
ミッキー、ミニー、アナ雪、ラプンツェル、キティ、トイストーリー、ポケモン、カーズなどのキャラクターものも当然人気があります。

子供用包丁で有名なメーカでいうと、貝印、ヤクセル、スケーター、正広、ベルメゾン、ヴェルダンあたりが出てきました。

通販なら、楽天、Amazon、ビックカメラ、ヨドバシカメラあたり。
ダイソーなどの100円ショップ(100均)でも売っていますが、切れなさそうでちょっと怖いかなと思いますので、私だったらパスです。

おすすめはこちら。
正広の本格的な子供用包丁です。

子供にいつから包丁の使い方を教えるのがいいのか?まとめ

子供にいつから包丁の使い方を教えるのがいいのかネットでいろいろ調べましたが、結局のところ、「子供が興味を持ったとき」が最適なのではないかと思いました。

男の子でも女の子でも、料理したい!包丁を使って野菜や果物を切りたい!って思ったときに教えるのがいいのではないかと。

男の子だって、料理ができたほうが何かといいですよね。
包丁を使ってりんごの皮むきくらいできるようになっておかないと、将来が不安です(笑)

危ないからといって使わせないのではなく、危ないことも含めて包丁の使い方を教えられたらいいですね。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする