自分で髪の毛を切りたい。上手くセルフカットするには?

最近は何でも値上がりしてしまって、家計が苦しい!っていう人も多いんじゃないでしょうか。

節約するっていっても限界があるし。

で、今、結構人気というか話題になっている節約方法が、自分で髪の毛を切る、セルフカットなんだそうです。

美容室代とか、子供の理容室(床屋さん)の料金って、結構高いですからね・・・。

自分で自分の髪の毛を切るのって、結構勇気がいると思うんですが、素人でも意外に自分で切る人は多いようで。

ということで、自分で髪の毛を切るにはどうしたらいいのか、調べてみました。
男性でも女性でも、切り方の基本やコツを押さえてから切ると失敗が少なそう。

いろいろ調べていくと、ボブやロングの髪型や、前髪、後ろ髪だったりでだいぶ切り方というか、注意するところは違っているようです。

前髪を自分で切る

一番切りやすいというか、手軽にできるのは前髪。
後ろ髪と違って鏡で正面から見ることができるのでわりと失敗しないでいけるみたい。

どうやったらいいか、文章だけではちょっとわかりにくかったので、動画がないかと探していたら、前髪の切り方の動画がありました。
前髪を流して作るタイプです。

なるほど、こういう風に自分で前髪切れるのね、っていう感じです。

後ろ髪、後頭部を上手に切るコツは?

後ろ髪っていうか後頭部って、鏡を直接見れないし、どうやって自分できるんだろうって思っていたんですが、この動画を見たら、なるほどねって思いました。

鏡で見えるまで髪の毛を引き出し、見えるところをカットする。
なるほどー、って思いません?

この方は男性ですけど、もうちょっと髪が長い女性だったら、
もっと簡単に切れそうですよね。

すきバサミで仕上げするから自然な感じにできるんですね。
メンズカットだから簡単かっていうと、そういうことでもなさそうで、きっと女性でもショートヘアなら参考になるかと。

頭の横のほうの髪と襟足はどうやって切る?

後ろ髪と同じ方の動画に、横と襟足のセルフカットの方法がありました。
それがこちら。

なぜ横の髪にボリュームが出るのか、っていう解説が入ってました。
私自身はロングなのであまり関係ないんですが、これまた、なるほどなーと思ってしまいました。

耳周りははさみで耳を切ってしまわないように注意ですね。

襟足はなかなか鏡では見えづらいので、手探りになることも。
最終仕上げは誰かに見てもらう、というのもいいかもです。

バリカンを使って襟足やうなじの産毛をきれいにしたり、セルフカットで前髪をすいたりできるようになれば、わざわざ美容室や理容室(床屋)に行かなくてもよくなりますね。

自分で髪を切れば時間もお金も節約できる

少しだけ伸びた髪をカットしたいとか、子供が小さくてなかなか美容室に行く時間が取れないとか、やっぱり美容室代は高いから、できるだけ節約したいとか・・・。

セルフカットをしようかな、って思う理由は人によって違うと思いますが、上手くできれば時間やお金の節約になること間違いなしですよね。

無駄な出費をしないで道具を揃える

時間やお金を上手く節約するためには、
無駄な出費をしないで道具を揃えるということも考えたいですね。

よく、100円ショップでセルフカット用のはさみやすきバサミって売ってますが、
買って使ってみた人の話を聞くと、「安物買いの銭失い」なんて話をよく聞きます。

セルフカット用のはさみセットのレビューなんかを見ていても、これと同じような、100円ショップのはさみは買わなければよかったっていう感じの口コミがあります。

自分で自分の髪を切る、っていうんじゃないですが、子供の髪を自分で(親が)切ろうとすると、髪の毛がはさみに引っかかって子供は痛がり、次から嫌がって切らせてくれないということもあるようです。

なので、子供の髪も含め、美容室や理容室(床屋)へ行かずに自分で髪を切るなら、切れ味のよい、きちんとした専門のはさみを買うべきという人もいます。

子供の髪も含めて自分で髪を切るのに大事なのは?

いろいろ、動画や口コミ、レビューなんかも調べてみたんですが、
共通して言えるのは、よく切れるはさみを使うことでした。

楽天でレビュー数が多いこちらの散髪用のはさみとすきバサミのセットは、特に子供の髪を切るときに痛くないという口コミが多かったです。

子供が嫌がらずに髪を切れるほど切れ味がいいはさみなら、男性でも女性でも、大人は上手に自分で髪を切ることができそうですね。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする